SEO対策
high-tide TECHNO ざっくりわかっちゃう Vol.1 テクノの語源について

TECHNO ざっくりわかっちゃう Vol.1 テクノの語源について

アニョハセヨ。
埼玉は川口にあるDJ-BAR TECHNO・HOUSE担当のYです。
このブログのグーグル検索で埼玉 HIPHOPで18位獲得と輝かしい成績を収めておりますが
埼玉 TECHNOで検索しますと完全にランク外です。。。
これじゃーー埼玉でDJやってる皆さんにこのお店が発見できないっ!
ジャンルレスに音の交流を目指してるhightideとしては、是非とも発見してもらいたい次第なのであります。
ってことで思いついた企画が。、ブログでTECHNOを紹介しつつTechnoを知らない人にもTechnoを知ってもらい、そしてTechnoを知ってるいる人にはこのお店を知ってもらう!という試みです。

そんで、地味に本日からスタートする『TECHNOがざっっくりわかっちゃうVol.1』です(笑)
一応、間違いなどがないように野田努さん(日本のテクノ界では凄い人物です!)が書いた本などを参考にYOUTUBEを使って音楽を紹介していきたいと思っています。

それではさっそくですが『デトロイトテクノの初のシングル』
数あるデトロイトミュージックの出発点となる曲がこの1981年『製作のAlleys of your mind』です。
この曲を作ったJUAN ATKINSさんがテクノなる造語の名づけ親です。

実は黒人がテクノって言葉を作ったんですねー!




以下テクノの語源

「テクノの第1人者であり名付け親でもあるホアン・アトキンスが、未来学者アルヴィン・トフラーによる著書『第三の波』の文中より「テクノレベルズ」(英:Techno-rebels)という造語に触発を受け、そこから自身の曲名などとして使っていたことに由来する。ちなみにテクノというジャンル名が定着する以前には、単にハウス・ミュージック、または地名からデトロイトのハウス・ミュージックと自他共に呼んでいた。
トフラーの造語である「テクノレベルズ」とは、日本語に訳すなら「技術に対する反逆者たち」となる。作中でトフラーは、産業革命以降の重厚長大型の大企業が世界を動かす仕組みを第二の波とし、それを超えていく新しい技術革新の流れを第三の波と規定した。その上で、次々と生まれる革新的かつ時に人類にとって危険ともなりうる新しい技術を野放しにせず、それに対しての管理を主張し使いこなす人々のことを「第三の波の代理人」にして「次の文明の先導者」と呼び、ある意味で逆説的にも聞こえる「技術に対する反逆者たち」と名づけた

*テクノポップって言葉になるとYMOのメンバーだった坂本龍一さんが最初です。

テーマ : DJ/CLUB - ジャンル : 音楽

コメント

テクノ・ポップの語源

「テクノ・ポップ」という和製英語、Technoとは直接関係ありませんが、こちらは音楽評論家の阿木譲氏による造語らしいです。
それをYMOの細野氏から経由して坂本氏がメディアで使っていたそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile
埼玉県川口市にある CROSS-ROAD39が金曜日の夜にDJBar「high tide」となります!
毎週金曜 PM8:30~AM0:00
ラジオバー放送中! 第4金曜はラジオの日!21:30~放送中! http://www.ustream.tv/channel/high-tidetv
オリジナル番組募集中!本気の方もゆるい方もゼヒ挑戦してみてください!
また、surf,skate,music,radio,partyが好きなマスターがゆるすぎる感じで営業中
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
イベントレポート
たたら祭り2010 pole dance たたら祭り2010 たたらblock party画像集 high-tide画像集 SOUL食堂
livepaintin 2009.12.27 @ Tune-in at Cross-Road 39 川口ヒップホップ‘09 改装後 お店紹介ビデオ
high tide Photo

Created with Admarket's flickrSLiDR.
★リスペクト★

イエローポップ
川口中古レコード販売
川口サーフショップ

TUNE IN
TUNE IN
ハトロイト2
最後の辺境よりDJ&VJ
リンク
.
ホーム